兵庫県播磨高等学校

Tel.079-224-1711

menu close

ニュース&トピックス

熊本地震による被災者支援のための募金活動

20160506-01

現在、本校生徒会を中心とした有志の生徒たちでJR姫路駅北口と南口の出入口付近の2か所で熊本地震の被災者支援のための街頭募金活動を行っています。

兵庫県からは遠く離れていますが、少しでも被災された方々のお役にたちたいと、姉妹校ハーベスト医療福祉専門学校に在籍する本校卒業生らと共に、協力して街頭で呼びかけています。

20160506-02

活動日は、5月2日(月)、6日(金)、7日(土)、9日(月)、10日(火)の、朝は授業開始前の7時30分から8時15分、夕方は放課後の16時から17時15分のそれぞれ約1時間程の活動を予定しています。

すでに街頭での募金にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。校内でも学級ごとに募金を呼び掛けており、集まった募金はまとめて神戸新聞厚生事業団を通して寄付します。

どうぞご協力の程よろしくお願いします。

 

 

ケーマシリ高校からの留学生

HARIMA-20160502-01

4月21日(木)から4月28日(木)までの8日間、タイ王国の姉妹校ケーマ・シリ・メモリアルスクールから6名の留学生と2名の先生が来校されました。

HARIMA-20160502-02

留学生たちは、ホームステイをしながら本校生と一緒に英語や教養の授業を受けたり、習字、茶道、陶芸を体験してみたり、週末には蒜山セミナーハウスにも出かけ、日本の自然を満喫していました。とても充実した日々を過ごしていましたが、楽しい日々はあっという間に過ぎてお別れの時がやってきてしまいました。

HARIMA-20160502-03

最終日の28日はホストファミリーの皆さんにもご参加いただいて「お別れセレモニー」を催しました。留学生達は色とりどりの民族衣装で着飾ってタイ舞踊を披露してくれました。

HARIMA-20160502-04

両校の生徒たちもホストファミリーも、共に感極まり涙涙のお別れとなりました。

HARIMA-20160502-05

滞在期間は短いものでしたが、様々なプログラムを共に過ごす中でお互いにたくさんの思い出とよい経験をもたらしたようです。

お別れをした後、彼女らは京都観光をしてからバンコクへの帰路に就きました。