兵庫県播磨高等学校

Tel.079-224-1711

新1年生全員がタブレットを持って学習

兵庫県播磨高等学校では、2017年4月より新たなICT教育をスタートさせます。日々の教育活動に活用するため学習支援システム「Classi」を導入し、新1年生は全員が1人1台のタブレットを使用します。
Classiは、ベネッセコーポレーションとソフトバンクの合弁会社Classiが提供。タブレットやパソコンを使って生徒一人ひとりの特性に応じた学習ができる質の高い学習支援システムです。

授業の充実と自主学習のサポートで効果的に学力を向上

こうしたシステムや機器を導入することで、Webを使ったテストやドリル、学習動画などのデジタル教材がいつでも利用できるようになります。Webテストは授業の振り返りや宿題に活用していくほか、Webドリルで生徒の自主学習を細やかにサポート。5教科で28,000の問題を搭載したドリルを使うことで、生徒は自分に合った学習を計画的に進めることができるようになります。自学自習に使える学習動画も必要に応じて視聴することができます。
さらに、進研模試などベネッセが実施するテストの事前指導・事後指導にも対応。テストの結果や見えてきた弱点を教員と生徒が共有することで、効果的な学力向上を目指します。

タブレットだから Classiだからこんなことができます!

・学校でも自宅でも登下校中でも学習できる
・自習用動画がいつでも視聴できる
・ベネッセの模試やwebドリルの結果から生徒ごとの理解度を確認。それぞれの生徒に適した学習方法を提案
・webテストは一斉にタブレットに配信。すぐに結果が確認できる
・タブレットとプロジェクターを組み合わせた質の高い授業ができる

最新のICTを活用して生徒一人ひとりに合った効果的な学習指導を展開。モチベーションを引き出し、学力向上につなげます。

Classiの詳細はこちらから
https://classi.jp/